カートをみる マイページログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
  お得な会員制度 輸入品の特性について よくある質問 
iPhone6/6s対応ケースカバー iPhone6 Plus/6s Plusケースカバー iPhone7対応ケースカバー iPhone7 Plus対応ケースカバー Galaxy S7 edge対応ケースカバー 

これで失敗なし!自分にあったiPhoneケースの選び方

これで失敗なし!iPhoneケースの選び方

これで失敗なし!iPhoneケースの選び方
自分にあったiPhoneケース、選べていますか?
シリコンなどのソフトケース、ハードケース、手帳型ケース...
ケースのタイプだけでも色々あるから、自分にはどのタイプが合っているのか良くわからない。
だから、ついデザインで選んでしまって、「こんなつもりじゃなかった」なんてありませんか?
だけど、各素材の特徴を押さえておけば、そんな失敗もなくなります。
これで、あなたもiPhoneケースマスター!

シリコンケース

韓国で大人気!ネコ耳が可愛いシリコンケースカバー Koko Cat for iPhone5c
シリコンケース、またはソフトケースとも呼ばれていて、その名の通りシリコン製のとっても柔らかいもの。
基本的にデコレーションはないので、デザイン、または形で勝負となります。
他素材と比べ、ユニークな形が多いのが特徴。

特徴 シリコン製は衝撃吸収に強い
けれど、柔らかいが故にへたれやすいので、長持ちはしない。
その代わり、価格的には比較的安価なので、気分でケースを変えるという方におすすめ。

ポイント使っているうちに伸びてしまうので、伸びてきたら買い換え時。
シリコンケースでも薄手のものと割としっかりとしたものがあります。
ある程度お値段のするシリコンケースはしっかりめの傾向。

TPUケース

かわいいリボン付ハローキティ/Hello KittyのiPhone5/5sケースカバー
シリコンケースよりも若干強度のあるケースです。
シリコンほど柔らかくなく、ハードケースより柔らかくちょうど中間といった感じ。

特徴 強度はシリコンケースより若干上。
また、丈夫さという点で見た場合、シリコンよりへたれにくいので、少し長持ちします。
デザイン、形共に豊富で可愛いケースが多いですね。
衝撃吸収性は欲しいけれど、すぐにへたれてしまうのはちょっと...という方はTPUケースをオススメします。

ポイントTPUケースの代表と言えばiFace。
iFace登場以降、厚みのあるTPUケースが出てきています。主に韓国の物は厚手の傾向。
厚手のTPUケースは、通常のTPUケースよりも衝撃吸収性にすぐれ、長持ちします。

ハードケース

まるでメルヘンの世界!小鹿のイラストが可愛いiPhone5/5sケースカバー
ポリカーポネイト製などの硬いケースがこちら。
シリコンケースに比べ、iPhoneにフィットします。

特徴 プラスティックの一種なので、衝撃にはそれほど強くない。
多少の落下には耐えますが、強い衝撃では割れてしまいます
また、劣化すると割れやすくなります

デザインはプリントタイプからデコレーションなど、種類が豊富なのも魅力。

お手入れ方法 劣化が少なく、汚れるだけなので、無水エタノールなどで拭き取ると綺麗になります

ポイントハードケースも種類により厚みが違います。厚みのあるケースは、その分丈夫。
お値段と厚みは比例する傾向にあります。

レザーケース

蝶々のチャームが可愛いKLOGIのiPhone5/5s/5cレザーケース
柔らかく高級感のあるレザーケース。
バックカバータイプやフォルダータイプなどがあります。

特徴 なんと言っても高級感があること!そして、手馴染みの良さ。
また、他のケースに比べ、お手入れ次第で長持ちするのが魅力
衝撃吸収性に関しては、フレームによって変わります。
ポリカーポネイトなどを使用している場合は、ハードケースと同等。
フォルダータイプなどでレザーのみ使用の場合は、それほど衝撃吸収性は高くありませんが、
ハードケースのように、劣化による破損はなく、お手入れ次第で長持ちします。

お手入れ方法 ほとんどのレザーケースはPUレザー(合皮)なので、水拭きできます。
飲み物をこぼしてしまったら、柔らかい布で拭いてあげればOK!
その他の汚れは消しゴム、または無水エタノールで優しく拭いてあげて下さい
これで、ほとんどの汚れが落ちます。

手帳型ケース

カメリアのチャームがかわいいiPhone5/5s横開き手帳型ケース
手帳型ケースの特徴は、なんといってもカバーと機能性。
カバーがあるので、iPhoneの液晶を守ってくれます。
iPhoneの故障や修理で一番多いのはどこか知っていますか?
なんと、液晶なんです。
だから、この、カバーで液晶を守ってくれるというのは高ポイント! 特徴 上記のようにiPhone本体だけでなく、液晶も保護してくれるのが特徴。
また、iPhone固定部はTPUまたはポリカーポネイトとなっていますが、その差による衝撃吸収性などの違いは見られません。
衝撃吸収がそこそこあり、液晶も保護してくれ、また内部にポケットがついていたり、
何かと機能的なのが手帳型ケースの利点です。

しかし、手帳型ケースに躊躇する方の中には、電話がかかってきた時にカバーを開けるのが面倒という方がいます。
また、通話中、カバーを開けたままにしておくのが嫌という方もいます。
カバーを開けるのは回避できませんが、通話中のカバーについては実は閉じられるのもあるんです!

手帳型ケースのカバー上部に丸い小さな穴が開いているのを見たことはありませんか?
実はこの丸い小さな穴は"通話穴"と呼ばれ、カバーを閉じても通話ができるんです。
なので、通話中はカバーを閉じて使うと液晶が汚れるといったことがありません。
手帳型ケースを選ぶ際には、ぜひチェックしてみてくださいね。

お手入れ方法 お手入れ方法は、レザーケースと同じで、消しゴムや無水エタノールでお手入れして下さい。
消しゴムや無水エタノールでも落ちなくなってくると、交換の時期です。

ポイントレザーの厚みにより強度が変わってきます。
厚みのあるしっかりしたレザーは長持ちするので、おすすめです。

いかがでしたか?
各ケースの特徴がわかったと思います。
上記を参考に、ぜひ自分にあったiPhoneケースを選んで下さいね。

もし、それでも悩んだ場合、またはお手入れ方法等不明なことがありましたら、 お気軽にお問合せ下さいね♪